男性が将来を意識するのはどんな女性?

男性が結婚したいと思う女性はどんな人?外見・内面の特徴や結婚対象として求める条件などをまとめました。

恋人にしたい女性と結婚したいと思う女性は別!?

「恋人はできるのに結婚できない」「若い頃はチヤホヤされたのに30歳を過ぎてからモテなくなった」という晩婚タイプの女性、「顔も性格も大人しめなのに、ちゃっかり寿退社」「打算的で同性からは嫌われていたけど、いち早く結婚する」早婚タイプの女性。

どちらもよくある話ですが、両者の差はずばり、「結婚相手として見られるかどうか」ということ。女性はよく「恋人にする人と結婚する人は別」と言いますが、男性も同じように「交際相手」と「結婚相手」を別ものだと思っているのです。

では、結婚したいと思う女性とはどんな女性なのでしょうか。その条件を見ていきましょう。

結婚したいと思う女性の条件

年齢が若い

将来、自分の子供が欲しいと思っている男性は、実年齢が若い女性を選びます。悲しいことですが、子どもを産んで育てるというのは、人生設計の中でも非常に大きなウェイトを占める部分。そのため、子供が欲しい場合30代後半よりも20代を選ぶのは当然でしょう。

結婚情報サイトのデータによると、妥協せずに結婚できる年齢は32歳が上限なのだそうです。女性が男性を収入で見るのと同じように、年齢で女性を見る男性は意外と多いようです。

情緒が安定している

男性は基本的に面倒くさいことが大嫌い。少し帰宅時間が遅くなったくらいで「どこで何してたの?何で連絡しなかったの?」とガミガミ言うような女性は正直避けたいところ。

自分の気分次第で動く女性も、恋愛対象としては面白みがあるかもしれませんが、毎日一緒に暮らすとなると疲れてしまうのでパス。外(仕事場)での戦いで、疲れきった心と体を穏やかな女性に癒してもらいたいのです。

経済観念がまとも

いくら年収の高い男性でも、自分が働いて稼いだお金を女性の贅沢に使われるのには抵抗があるというもの。ブランド大好き、服装が派手、食事はつねに外食派というような女性はやはり選ばれません。かといって、ケチな女性もNG。お金を使うべきポイント、節約するところをわきまえていることが大切です。

料理や家事ができる

「男は胃袋でつかめ」という言葉があるくらい、男性は料理上手な女性に弱いもの。冷蔵庫にある食材でパパッと料理を作ってしまうような女性にコロッと落ちてしまうのです。

だからといって、健康に良いものばかりを押しつけてしまうような女性はNG。あくまで相手が喜ぶ料理で、健康にも配慮されているというのがポイントです。

(今はまだ料理ができなくても、料理を勉強している場合はアピールしましょう。「俺のために頑張っているんだな」と株が上がるはず!)

ほかにも、整理整頓や、洋服や靴の管理が行き届いているなども大切なポイントです。

自分を立ててくれる

男性は常に優位に立っていたいもの。会社の同僚や友達など他人の前で、男性をけなすような言動は絶対にNGです。「この子と居ると自分に自信が持てるな」「仕事にやる気が出る」と思えるような言動を心掛けましょう。

付き合いが長くなると、男性を尻に敷いてしまう女性も多いですが、「長く一緒に居たい」と思わせるためには、男性を立ててあげることが大切です。

外見や考え方が保守的

男性の趣味にもよりますが、結婚相手には家事や家計を任せられるような保守的な女性を好む傾向にあります。服装や髪型が派手な女性よりも、コンサバティブな外見や価値観をもつ女性の方が、結婚相手としての価値を感じるようです。

いかがですか?つまり、「この人と結婚したら幸せな毎日が過ごせそうだな」と期待を膨らませてあげることが大切なのです。男性にも暖かい家庭への憧れがあります。その憧れを叶えてくれる女性像を意識しながら行動すれば結婚へと近づくはずです。

このサイトは個人が調べた内容をもとに作成しています。最新の結婚相談所情報を知りたい方は、各公式サイトをご確認ください。
あなたの結婚したい度をチェック!